東京でタトゥー除去を行いたいなら

確実に消すなら切り取る方法

タトゥー除去は複数の方法がある | 確実に消すなら切り取る方法 | 最適な医療機関を選ぶことが重要

確実にタトゥーを消したいという場合は、切除縫縮という方法をとることが出来ます。
これは文字の通り、刺青を入れた皮膚そのものを切り取ってしまう方法です。
ただ切り取るだけではなく、周囲の皮膚を縫い合わせることで自然な皮膚に見えるようにします。
東京のクリニックの場合は、ほぼ麻酔ありで行われますので施術中の痛みはそれほどありません。
ただし、アフターケアが非常に大切です。
皮膚に傷をつけることになりますから、化膿したりしないように薬を塗ったり、数日の入浴は控えることになります。
また、一度で完全に消去することは難しく、数回の手術が必要となるケースも多いのが現実です。
東京のクリニックでは、近年これらの方法を改良し、人工皮膚をメッシュ状にして貼り付ける方法なども開発されています。
レーザー治療でとることが出来ない刺青を持っている場合や、小さい刺青しかないという場合にはおすすめの方法です。

タトゥー除去(切除法)の症例です。


上:術前
下:術後3週間

タトゥー切除法とは、皮膚を切除し、
周囲の皮膚を寄せて縫い合わせます。

小さな範囲を短期間で消したい方や、
色素が奥深くまで入っている方にオススメです。
#ガーデンクリニック pic.twitter.com/ksBwA757K7

— 👩‍⚕️美容整形外科👨‍⚕️ガーデンクリニック【公式】 (@GardenClinicNet) November 5, 2020